2015年04月02日

日本人は「米食」から「乳食」の民族になった

今月は少し視点を変えて、私たちが栄養の宝庫と思ってきた牛乳・乳製品について、必ずしもいい影響ばかりではないことを少し解説してみたいと思います。

日本人は「米食」から「乳食」の民族になった。

戦争に負けて、進駐してくるアメリカ兵の体格に圧倒された当時の日本政府は、1954年(昭和29年)酪農振興法を制定。国民の体位向上をめざして牛乳・乳製品の国内生産を奨励、多額の税金を投じてきました。

また国内産の牛乳・乳製品の消費促進のため学校給食に用いる政策などもあって、日本での牛乳・乳製品の摂取量は著しく増大しました。

一方、1965年(昭和40年)国民1人1日当たり350g食べられていたお米は2000年には150gまで減っています。逆に、牛乳・乳製品の摂取量3.1gが1995年144.4g(約47倍)と大幅に増えています。

また、農林水産省の食糧需給表によると現在の日本全体のお米の消費量約800万トン。これに対し牛乳・乳製品の消費量は1985年(昭和60年)にお米の消費量を抜き、いまや1200万トンにもなっています。正に、日本人は主食のお米より、圧倒的に大量の牛乳・乳製品を消費しているのです。

牛乳・乳製品含まれる女性ホルモンの作用

牛乳は牛の血液からつくられるので、妊娠中の乳牛からとった牛乳には女性ホルモンが含まれている上、搾乳量を上げるため牛に女性ホルモンを投与することなどによって牛乳には女性ホルモン量が更に多く含まれます。

*思春期(14歳)女子でみると牛乳・乳製品を多く摂っている体型、ほっそりと背の高い女子ほど30年後に乳ガンに罹る率が高くなっている。

*2000年4月厚生労働省の研究班は、牛乳・乳製品を多く摂ると前立腺ガンになるリスクがある、という研究結果を発表している。

*デンマークで徴兵検査を受けた若者701人の食物摂取量調査で、飽和脂肪酸摂取量と精液との関係を検査した結果、牛乳・乳製品と肉など飽和脂肪酸を多く摂取している者ほど、精子濃度と総精子数が少ないことが判明した。
飽和脂肪酸を最も多く摂っている群と最も少ない群とを比べると精子濃度で38%、総精子数で41%も少なかった。

この続きは、また次回に。

posted by 町田建治 at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

「元気で長生き」は、少食習慣から

「元気で長生き」は、少食習慣からはじめなければなりません。

いま日本は病人大国になってしまいました。その原因は明白です。
何といっても「豊かな食生活」食事内容の激変です。

「豊かな食生活」が、病気をつくる

日本人の食事内容を約40年前と比較すると、肉は6〜7倍、卵は2〜3倍、牛乳は5〜6倍、加工食品は12倍、砂糖は10倍、動物性油脂は5倍、サラダ油は4倍、パンは2〜3倍に増加。一方、食事の中心だったお米は2〜3分の1、野菜は3分の2、芋など根菜類は3分の1と、大きく変化しています。
要は、食事内容が欧米化・加工食品化した「豊かな食生活」が大きな問題です。その結果、ガンも糖尿病も認知症のほか心臓病や高血圧などなど、たいていの病気は40年くらい前と比べると大幅に増えています。


例えば、ガンは7倍、糖尿病は40倍、認知症は10倍、心臓病が4倍という数字になっています。クローン病などという昔はなかった難病が、昨今は2万5千人以上も登録されています。

 以前の日本人は長寿でした。もちろんデータ的には今も長寿大国ですが、それは現在70歳以上の人たちが元気で長生きだからです。親が自分の子供を弔うことの多くなった昨今の沖縄県の事例そのままの状況、つまり 「豊かな食生活が当たり前のいまの小学生たちの寿命は、50歳や60歳程度ではないか」と、中性脂肪の多い血液検査数値の結果からも推定されるようになっています。何ともおそろしいことではありませんか。

 日本が世界に誇る「元気で長生き」をつづけているのは、昔からの食生活が肉よりも魚、魚よりも大豆製品と野菜を多く摂り、味噌や漬物、納豆や酢の物、生野菜や海藻類などなど食物酵素が豊富な古き良き日本の智恵にあったのです。

これこそが低カロリーにして消化に負担がかからず、体内酵素をムダ使いしない日本人の体質にあった食事です。ところがここ30〜40年で、日本人の食生活は大きく変わってしまいました。たくさんの食べ物情報があふれ、誰もが食べ過ぎという状況です。

「肉や牛乳やその加工食品で十分タンパク質を摂って、体を丈夫にする」などという偏った栄養学に一時期惑わされたこともあり、動物性タンパク質・油脂・砂糖・加工食品などの多い欧米型食生活が定着してしまっているのです。

逆に、必要な栄養素の不足も深刻です。ビタミン群・ミネラル類・ファイトケミカル・食物センイの摂取量不足は大きな問題です。それ以上に「生」からしか摂れない食物酵素の摂取量も大きく不足しており、これらの食事内容の激変が、日本をここまで病人大国にしてしまったのです。


「元気で長生き」は、少食習慣から

 昔から「腹八分に医者いらず・・」とか、「腹十二分に医者たらず・・」とかいわれてきました。これは毎日の食べ過ぎによって蓄積された体内脂肪が活性酸素によって酸化されること、また「食べ過ぎが腸を汚し、汚れた腸が病気をつくる」ことを指しています。このようなことから最近では「腹八分目・・」でも食べ過ぎ、「腹六分目こそ、体が喜ぶ状態」という医師が増えてきています。

  人類が太古の時代から日常的に闘ってきた「飢え」。それと同じような空腹感を体感することによって、遺伝子レベルから私たちの強靭な生命力が蘇るもの、なのでしょう。

 ここでもう一つ大切なことが判ります。
 少食生活によって食事の量が減るわけですから、飽食・過食でも十分ではなかったビタミン群・ミネラル類・食物センイ・ファイトケミカル(植物自身がつくりだす健康機能性栄養素)の多い生の野菜や果物、また、体内酵素の不足を補う納豆や漬物などの発酵食品、など体がもとめる栄養補給をしっかり選択していくことが必要となります。

その点、少食生活に必要な弊社製品群はたいへん有効です。

玄米素材ギャバ200
玄米ご飯の20倍以上の栄養成分量のある「玄米素材ギャバ」

豆汁グルト_05.jpg
丸ごと大豆の発酵菌食「豆汁グルト」


 いま、日本では三人に二人がガンに罹り、それと重なるように毛細血管の目詰まりや動脈硬化による脳梗塞・心筋梗塞などが増えています。これらの死因に直結する重篤な疾病は、だいたい「豊かさが招く」カロリーだけの摂取量過剰の結果です。

 少食生活と体が求める必須栄養素をしっかり摂ることによる心地よい空腹感。これこそが「元気で長生き」の王道です。

posted by 町田建治 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

体内脂肪の酸化を防ぐ「おはよう水素」

いまの日本では、美味しい食べ物が満ち溢れています。

体内脂肪の酸化を防ぐ「おはよう水素」

食べ過ぎないように気をつけているつもりでも、ほとんどの人が無意識に必要以上に食べ過ぎてしまいます。これこそが私たち人類の遺伝子に刻み込まれた本能なのでしょう。

人類が誕生してから食べたい時にいつでも十分にたべられるようになったのは、ほんの最近50〜60年ほどのことです。その前の数千年という長い時間、人類は常に飢えと闘ってきました。幸運にも食物にありつけたとしても、次に食べられるのはいつかわからない慢性的な飢餓状態が当たり前だったのです。

 x90ps.jpg
このようなことから私たち人類の体内防衛システムとして、食べられるときに腹いっぱい食べ、余分な脂肪を溜めこんで飢えがつづいても耐えられるような体内の仕組み出来上がっています。人類が長い間に築いたこの体内システムは、たかだか数十年の飽食習慣で変化するはずはありません。

私たち現代人は、この体内システムによってせっせと脂肪を体内にため込んでしまい、自ら生活習慣病を招くことになるのです。つまり、習慣的に蓄積される脂肪が、組織・血管・細胞で活性酸素と結びつき「酸化」されると、重大な生活習慣病・慢性病を発症することになるのです。そのため、私たち現代人はこれら活性酸素の害から逃れるためにも毎日のコンスタントな「おはよう水素」は、必要です。

次回は、「元気で長生き」は、少食習慣から...の予定です。
posted by 町田建治 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

副交感神経の活性化が、交感神経を和らげる

 玄米ご飯や野菜やキノコの煮物などを中心とした和風の食事を良く噛んで召し上がることなどは、栄養的にも優れた副交感神経の活性化策になります。 
副交感神経は消化管の全てを支配しているので、適量の食事を規則的にとり腸管が刺激されると、副交感神経も活性化されます。

 特に、玄米をお勧めする理由は各栄養素をバランスよく含んでいるからです。
 炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミン群・ミネラル類を含んでいるので、習慣的に食べ続けると体が温まってくるでしょう。玄米の栄養成分といえば、大さじ1杯の分量で玄米ご飯2膳分に相当する玄米固有の栄養成分量を摂取できる弊社製「玄米素材ギャバ」も副交感神経の回復にはたいへん有効です。

玄米素材ギャバ200

 野菜の食物センイやキノコのβグルカンは便秘を改善し、腸内の異常発酵を抑えてくれるので、これも、ぜひ習慣化していただきたいと思います。

 副交感神経は、消化管のほかに血流も支配しているので、血行をよくするような運動も副交感神経を活性化します。一日に6,000歩〜10,000歩くらいの散歩や軽い体操、日光浴やゆっくり湯船に浸かった入浴などもお勧めです。

 副交感神経を活性化するもう一つの方法は、明るく大らかな心の持ち方です。副交感神経が低下していると笑顔がなくなります。深刻な顔をしていると交感神経優位の緊張状態が解かれることはありません。

最初は、努力してでもニコニコする、ちょっとでも笑ったり、関連する話をよく聞きながら会話していると、だんだん気分が明るくなっていきます。当然、テレビでの面白い話や落語なども有効です。とにかく気分を明るくすること。これら一つ一つが副交感神経活性化に役立ち、交感神経を和らげます。

 ストレスの多い現代社会に生きている私たちは、副交感神経の活性化が大切です。
posted by 町田建治 at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

交感神経の過度な緊張は「無理な生活」の結果

「おはよう水素」を飲んで、ぐっすりよく眠ることの大切さ

交感神経の過度な緊張は、バランスをとらなければならない副交感神経(休息の神経)の働きをも低下させ、免疫力や排泄機能の低下を招きます。その結果、風邪をひきやすくなったり、便秘気味になったりします。したがって、交感神経の過度な緊張は、「無理な生活」の結果であることを、知っているか知らないかでは、ガンなどの大病を避けることができるか、ガンに罹ってしまうかどうかの分かれ道になります。要約すると、

@交感神経の過度な緊張は、細胞内の活性酸素量を増大させる結果、細胞・組織内でのガン細胞の発生・増殖につながる。

A交感神経の過度な緊張が、白血球(顆粒球)からでる活性酸素によって体内の粘膜・組織をキズつけ、炎症をもたらす。などが重なって、大病につながってしまうのです。

 x90ps.jpgこのような交感神経の過度な緊張を和らげるのは、何万年にもわたる長い時間の中で神様が与えてくれた副交感神経によってバランスをとることしかありません。
 つまり、十分な睡眠や休養、消化吸収の良い適量の食事、神経を癒す気分転換、また、「安らかな気持ちと感謝する心」の大切さを理解して、悩みを心の中にしまいつづけることや怒りっぽかった性格を反省し改めるなど、いままでの自分の態度を見直すことも大切です。

 このような交感神経の過度な緊張から生まれる活性酸素を無害化するためにも「おはよう水素」は毎日コンスタントに摂取する必要があります。
 また、「おはよう水素」のもう一つの効用、深い眠りと寝覚めの良さは副交感神経を癒します。

次回は、副交感神経の活性化が、交感神経を和らげる...の予定です。
posted by 町田建治 at 08:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

交感神経の過度な緊張は、大病を招く

 新年あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い申し上げます。


今回は、自分が自分で大病を招いてしまう交感神経のことについてとりあげました。
ぜひ、無理をなさらないよう、お元気でお過ごしいただきたく存じます。

交感神経の過度な緊張は、大病を招く

誰でも無理をし過ぎると病気になります。無理とは不規則な食事や睡眠不足が習慣になっていること、また、仕事や対人関係などの強いストレスによって、交感神経の緊張が長つづきすることです。

本来、私たちの体は、交感神経(適度な緊張)と副交感神経(適度な休息)とのバランスのとれたた状態が自然に保たれています。昔からいわれてきた「無理をすると体をこわす」は、この交感神経の過度な緊張によって体内リズムが崩れることなのです。

つまり、交感神経の過度な緊張→体内でのアドレナリンの過剰な産生→血流の悪化→エネルギー代謝の悪化(低体温)→細胞内での活性酸素量の増大→細胞内ミトコンドリアや核の酸化・損傷→細胞内でのガン細胞の発生増殖‥という体内状況になっていきます。これが現代人特有の「不健康」や「未病」の原因です。

また、交感神経は太古の人類が外敵から身を守る闘争本能として、私たち現代人にそのままひきつがれている機能です。争いごとや強い精神的なストレスが日常化していると、現代人にとってはこの「外敵」からの防御のため、体内では「外圧」に備えて白血球(顆粒球)と活性酸素が急激に産生されます。

すると、白血球が自らだす活性酸素によって、逆に、自分の体内の粘膜・組織に炎症をおこすことが判ってきました。胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・歯周病・クローン病なの体内の炎症は、交感神経が過度に緊張した結果です。これら粘膜・組織の炎症が、ガン細胞の発生・成長・促進にとって絶好の体内環境になってしまうのです。

次回は、「おはよう水素」が副交感神経を活性化させる...の予定です。
posted by 町田建治 at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

思い込みによって、「正しく間違う」ことの多い栄養学

ひと昔前までは「牛乳さえ飲んでいれば栄養は万全・・」
という牛乳神話がまかりとおっておりました。でも、いまでは世界規模での臨床栄養学の解明がすすみ、牛乳は摂らなくてもいいもの、もっといえば摂ってはいけない飲み物にさえなっています。カルシュウム不足解消には牛乳だ、骨密度が低いので牛乳だ、背中が丸くなってきたので牛乳だ、などの思い込みが「正しく間違う」ことになるのです。

 ヒトにとって、牛乳に含まれるタンパク質は分解・消化されにくく、ヒトは体の中ではうまく栄養として摂りいれることができないのです。そのうえ、体内に入ると酸性側に作用する牛乳由来のアミノ酸は酸アルカリ平衡を崩します。ヒトの健康は血液がややアルカリ側にある「アルカロージス」が健康的な酸アルカリ平衡といわれています。そのため骨に蓄積していたカルシウムを溶かして、その平衡状態を保とうとします。


カルシウム不足のために牛乳を飲もうと思っている人にとっては由々しき大問題です。
これが「カルシウムパラドックス」といわれている悪循環なのです。世界で一番牛乳を摂っているアメリカ人女性に骨粗しょう症が最も多いことから、このような栄養学的な解明がすすんでいるのです。
また、日本人の場合、85%の人が乳糖不耐症といって、牛乳の成分である乳糖を分解できない体質になっています。ほとんどの日本人が牛乳を飲むと下痢をする原因にもなっています。


 女性の中には、便秘解消のためにヨーグルトが欠かせない、という人も多いようですが、これもやめた方が賢明です。
ヨーグルトは乳酸菌の働きによって、乳糖がグルコースとガラクトースに分解されているので乳糖不耐症でも問題なく摂取できます。が、実はこのガラクトースがえらく体に悪さをするのです。

 ガラクトースを吸収すると白内障などのリスクを高めることが最近になって判ってきました。また、ガラクトースは、特定の成長ホルモンだけを過剰にする作用があります。そのため、ガンの増殖を促進してしまうことも指摘されています。昨今は、欧米系の食生活習慣、特にヨーグルトやチーズなどを多く食べるようになってから、乳ガンや卵巣ガン、前立腺ガンが増えています。

加えて、いまは安全な牛乳を手に入れるのが難しい、といわれております。日本での乳牛は、不自然な環境で育てられていますし、主な飼料の米国産トウモロコシはほとんどが遺伝子組み換え作物といわれております。
 乳製品が好きな人は、良質なものを少しだけとるくらいにしたいものです。たまーに、ヨーグルトにハチミツをかけて食べちゃいました、とか、素敵なイタリアンレストランでピザをたべちゃいました、くらいがよろしいのではないでしょうか。習慣化、多食化は避けていただきたいと思います。


「豊かな食生活が招く病気」は、医者でもクスリでも治せません。
 健康と栄養に関する世界的な権威者、コーネル大学栄養生化学部教授T・コリン・キャンベル博士は、「豊かさが招く疾病」=「過剰な動物性タンパク質摂取の食生活」について次のように警告しています。
 アメリカでは「豊かさが招く疾病」で、たいていの人が決まった道をたどって死んでいきます。「ガンになるための特別な食事」とか「心臓病にかかる特別食」などはありません。ガンに罹りにくい食事が、心臓病の予防にも役立ち、同時に肥満・糖尿病・白内障・黄斑変性症・アルツハイマー病・多発性硬化症・骨粗しょう症などによいことは、今や世界中の研究者によって集められた証拠が物語っています。

 豊かさの象徴となっている欧米型の食事が招く疾病は、病気促進要素が過剰で健康促進要素が不足している有害な食生活からの発症です。逆に、「植物性タンパク質が豊富な丸ごと大豆と食物センイの多い食事」は、健康促進要素が多い食生活として今からでも、すぐに変えてほしいと思います。

 これを裏付ける証拠の一つですが...
ラットの実験ではガン病巣の成長は動物性タンパク質の投与量を変えることによって、増大させることも減少に反転させることもできます。ガン病巣の成長は、体の成長に必要な動物性タンパク質の量を満たしたときか、それを超えた時から始まります。つまり、動物性タンパク質の摂取量次第でガンの進行をONにもOFFにもすることができます。

 また、植物性タンパク質中心の食事などによって、血中のコレステロール値が170〜70mg/dlに低下すると、疫学的に肝臓ガン・直腸ガン・肺ガン・乳ガン・脳腫瘍・胃ガン・食道ガンは95〜99.9%の確率で減少します。


 大豆発酵菌食「豆汁グルト」、全粒粉「豆汁生活」をお勧めします。
 豊かな食生活とは、珍しいものおいしいものがいっぱいの食生活ではありません。腹6分でも必要な栄養素をしっかり摂取できる食生活、つまり少食でもヒトが生きていくうえで必要とされる各種栄養素をバランスよく十分に摂取できる食生活が、病気を遠ざける「豊かな食生活」なのです。


 弊社は創業15年目を迎えます。米と大豆に特化して、このような豊かな食生活に必要な食品をたくさん開発してきました。特に、弊社が埼玉県鴻巣市に建設した食品工場から生まれた丸ごと大豆の発酵菌食「豆汁グルト」は最近のヒット作です。

今後とも、皆様の元気で長生きに貢献していく所存です。

                        平成26年5月吉日
                        株式会社リブレライフ
                        代表取締役 町田 建治
posted by 町田建治 at 17:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。