2015年01月14日

交感神経の過度な緊張は、大病を招く

 新年あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い申し上げます。


今回は、自分が自分で大病を招いてしまう交感神経のことについてとりあげました。
ぜひ、無理をなさらないよう、お元気でお過ごしいただきたく存じます。

交感神経の過度な緊張は、大病を招く

誰でも無理をし過ぎると病気になります。無理とは不規則な食事や睡眠不足が習慣になっていること、また、仕事や対人関係などの強いストレスによって、交感神経の緊張が長つづきすることです。

本来、私たちの体は、交感神経(適度な緊張)と副交感神経(適度な休息)とのバランスのとれたた状態が自然に保たれています。昔からいわれてきた「無理をすると体をこわす」は、この交感神経の過度な緊張によって体内リズムが崩れることなのです。

つまり、交感神経の過度な緊張→体内でのアドレナリンの過剰な産生→血流の悪化→エネルギー代謝の悪化(低体温)→細胞内での活性酸素量の増大→細胞内ミトコンドリアや核の酸化・損傷→細胞内でのガン細胞の発生増殖‥という体内状況になっていきます。これが現代人特有の「不健康」や「未病」の原因です。

また、交感神経は太古の人類が外敵から身を守る闘争本能として、私たち現代人にそのままひきつがれている機能です。争いごとや強い精神的なストレスが日常化していると、現代人にとってはこの「外敵」からの防御のため、体内では「外圧」に備えて白血球(顆粒球)と活性酸素が急激に産生されます。

すると、白血球が自らだす活性酸素によって、逆に、自分の体内の粘膜・組織に炎症をおこすことが判ってきました。胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・歯周病・クローン病なの体内の炎症は、交感神経が過度に緊張した結果です。これら粘膜・組織の炎症が、ガン細胞の発生・成長・促進にとって絶好の体内環境になってしまうのです。

次回は、「おはよう水素」が副交感神経を活性化させる...の予定です。
posted by 町田建治 at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。